2019年10月3週目 目線

来週の目線です。

ドル円

このままラッパもあり得るレンジ展開ですが、基本的には上目線です。

108.5をいかにして超えるかの攻防が起きそうな週明け。

ただし一回で越えられずに頭打たれるようだと難しいですね。

明確な押し目が見当たらないのでラッパが十分あり得ます。

・基本は上目線。ダメなら押し目を探りつつちょこちょこロング。

・107.43でもダメならラッパ予想でスルー

ポンド円

完全に予想通りの押し目つけて3波上昇でした。

ただ展開が一方的すぎて入る余地が全然無かったですが。

さて、こうなると一つの動きが終わった形なので次の展開を待たなければなりません。

今までの下落に対する戻り目と見て待つか、まだ上昇についていくのか。

正直、非常に難しいのではないかと思ってるのでしばし待ちになりそう。

戻り目を探しても明確なのがしばらくなく、143.6ぐらい。

かといってロングできるかと言われれば無理。

なのでしばらくなにかしらのトリガーが出るまで待ちですね。

ユーロ円

ポン円と同じような上昇が出ていますが、背景が異なっていてこちらは押し目候補があります。

青帯を引いたレート。

前回の押し目を維持できなかったレートなので、ショーターとしては戻り売り候補であったはずのレート帯。

実際ここでしばらくもみ合ってから上昇していますね。

青帯部分を拡大した図ですが、しばらくやりあって、やっぱここからは無理~という下落が出てごちゃごちゃやった末の上昇。

なのでもちろん図の右端のあたりはめっちゃロングだったのですが、それとは別に青帯のあたりは消化されていないように見えるので生きていると思います。

 

後から見るとこういう1分足はかなりロング優位に見えるものの実際リアルタイムで見てるとなかなか入るの難しいですね。

1枚目の画像の通りここからショートがあると考えている背景なので明確にV字しきるまでは入りたくないし、しっかり押し目まできてるわけでもないので今の手法だと入れないし。

最近の反省

負けてるわけではないですが、勝ってもいません。

なにしろエントリーできないことが多すぎる。

目線は合っていて狙い通りの動きが出ているのに指値が刺さらずに見てるだけの展開ばっかり。

なのでエントリーポイントを見直さないとダメですね。

今は押し戻り候補のレートを見てそこから0.3~1.5pips程度ズラして置いていますが、それじゃダメだということ。

もちろんボラによって変わるのでこの値を固定にはできないですが、気持ち多めにズラすべきってことですかね。

1.0~3.0pipsとか?

目線と考えさえしっかりしていれば期待値は失われないはずなんですよね。

むしろ今は勝てるパターンでエントリーできていないので期待値が失われているまである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする