2019年8月3週目 トレード記録と反省

一週間のトレード記録と反省です。

月曜日

ポンド円S 10時頃

長期

上目線。更に大きな波の戻り目をつけにいくロングの動き。

短期

129.217は節目。

そこから大きな上振りが出た。

更に節目で小さく上振りを作って下落。

流石に一度反応を受ける形なので節目からショート。

長期が上なだけにタイトにとって利確。

反省

特に反省点の無いきちんとしたトレード。

ポン円S 17時過ぎ

長期

一発目と変わらず、戻り目をつけるロング。

短期

また129.217の節目から上振り出現。

一発目と同じ考えでショート。

反省

一発目と異なっていたのは中期の動き。

完全にレンジとなっていた。

そして長期の目線を考えると上抜けに期待したいところ。

更に今回はどこでロンガーが死んだのかもわからない。

→ 短期の形しか見えていなかった

火曜日

ポン円L 21時半頃

長期

相も変わらず上目線。

短期

一回り大きな波の押し目候補から短期転換の動き。

ファーストタッチから素直すぎる動きなので枚数を少なめに分けてナンピン。

深く差されたのでほぼ建値撤退。

反省

目線や考え自体は間違っていないと思う。

エグジットも賛否あるかもしれないが、今は正否がわからないのでスルー。

金曜日

水木は目線が合わず一気に金曜日の夜です。

ポン円L 23時半頃

長期

変わらない。上目線。

短期

指標やらで激しく上下しているが、中期で見ればただのレンジ。

その中で最後下に走りそうな振りからV字が出たので、ショートすべきであったレートからロング。

ただV字が完全にショートを倒しきった感が無かったので適度に利が乗ったところで撤退。

反省

これも考え自体は間違っていなかったと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする