【実体験】はじめて一人暮らしをした社会人男性の1か月の食費

2019年6月1日~6月30日までにかかった食費を元に、1食あたりのメニューと値段を計算してみました。

これから一人暮らしをしようと思っている方、自分の食費が平均的なのか気になる方の参考になれば幸いです。

条件

・すべて実生活に基づくので、値段基準は近所のスーパー

・基本的に朝夜は家で食事、昼は外食

・料理はほぼできないので、電子レンジかたまにフライパンを使うメニューのみ(包丁とまな板は未開封)

実際の食費

2019年6月の食費は…

28,625円

でした!

なお純粋な食費のみを含んでおり、飲み会は交際費として含んでいません。

 

それでは約2万7千円となった内訳を三食分見ていきましょう。

朝食

まずは朝食のメニュー。

食パン(1枚)

ベーコン(2枚)

目玉焼き(1個)

ヨーグルト(1個)

以上です。

 

平凡で平均的なメニューかと思います。

ベーコンと卵をダイソーで売っている目玉焼き作るやつに入れてレンジに放り込んで待っている間にトースターでトーストを作る。

できたらトーストにベーコン目玉焼きをのっけて食べる。

簡単でスピーディーなので楽ちんです。

 

さて、肝心の値段の方はというと…

食パン  :約13.2円/枚
卵    : 約17円/個
ベーコン :約62.6円/2枚
ヨーグルト:約33円/個
醤油   :約1円/食

合計:約126.8円/食

 

醤油はよくわからないので適当です。

ベーコンが値段の半分くらいを占めていますね。

でも腹持ちという点やうまくレンチンするという観点からは2枚でちょうどいいんです。

昼食

これは難しいですが、

約500円

です。

完全に気分やそのときのおなかのすき具合で決めているので決まったものは無いのですが、実際の1か月の昼食からおおよその平均を出すとこのくらいでした。

いわゆるアウトソーシング状態なので昼食が抜きでて高いですが、かといってお弁当を作る力は無いのでこんなもんかなあと思ってます。

夕食

メニューはおおよそ3パターン。

パターン1

パスタ

パスタソース

サラダ

パターン2

ごはん

ハンバーグ

デミグラスソース

サラダ

パターン3

ごはん

餃子 or 小籠包

サラダ

醤油

 

餃子以外はすべて電子レンジで完結するお手軽メニューばかり。

餃子は唯一フライパンを使うものの、冷凍のものを置いて決まった時間待つだけなので楽ちん。

 

さて、値段の方はと言うと…

パターン1

パスタ:約45円/食
パスタソース:約102円/食
サラダ:約28.4円/食
合計:約175.4円/食

パターン2

ごはん:約30円/食
ハンバーグ:約153.4円/個
サラダ:約28.4円/食
ソース:約2円/回
合計:約213.8円/食

パターン3

ごはん:約30円/食
餃子:約125円/食
サラダ:約28.4円/食
醤油:約1円/食
油:約3円/回
合計:約187.6円/食

 

一週間でハンバーグ2日、餃子2日、パスタ3日程度のペースなので、

(175.4×3+213.8×2+187.6×2)÷7 = 約189.9円

理論値での食費

これで3食分の食費の理論値が求まりました。

まとめると、

朝食:約126.8円

昼食:約500円

夕食:約189.9円

でした。

 

そしてこれに忘れてはいけないのが、飲み物代です。

うちでは飲み物は綾鷹と決まっており、月に20本をAmazonの定期便で購入しています。

だいたい1本180円換算なので、20本だと180*20 = 3600円程度となります。

 

これを含めて1か月の食費を計算すると、

(126.8+500+189.9) × 30 + 180 × 20 = 28,101 円

 

500円程度の誤差になりました。

適当に計算したつもりが意外と正確でしたね。

 

まとめ

結論としては、自炊をしない社会人男性の1か月あたりの食費は約28,000円で賄えるということになりました。

すこし小食である気もしていますが、およそ3万円程度になるのではないでしょうか。

 

このような計算で自分の基準を見つけたら次のアクションが決めやすいです。

・クォリティを保ちつつ節約を目指す

・お金に少し余裕があるので外食や豪華な食事を交える

などなど…

 

※節約を第一目標にしてクォリティを落とすのはあまりオススメしません。

食事は大事なので。

食費をケチって体調崩してたら意味ないのでね。

 

そんなわけでみなさん良き食生活を!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする