FXにおけるホールド力という鬼門

FXトレーダーの誰もが通るであろう道、「利確が早すぎる」

これは本当によろしくなくて、

利益が伸ばせない

一度の負けが響く

利益が伸ばせないから取り返せない

と負のループにハマっていきます。

とは言えクソポジションをいつまでもホールドしても仕方ないので、今回の悩みは【エントリーに自信は出てきたがエグジットに自信が無い】人が対象になります。

解決案

利確ラインを論理的に決める

利確ラインに自信が持てる

ホールドできる

という道を辿るしかありません。

いくら強引にホールドしたところで利確ラインに根拠が無ければ意味がないので。

 

ではどうやって利確ラインを論理的に決めるか。

なぜ自身を持ってホールドできないかと言うと、エントリーまでの短期の動きで当然転換が出ているのでそれが気になってしまうわけです。

じゃあ例えば短期の最低限の押し戻りまでを利確とするのか。

あるいは抜けて高安まで、もっと走るのを狙うのか。

 

こればっかりは予め決めるものではなく相場次第としか言えないかと思います。

なので暫定的な対処として、エントリー時に「どこまで持つのか。なぜなのか。」を自問自答するしかありません。

 

そして簡単に破れないよう、まずは一週間トレード記録を再開します。

すべて記録をつけた上で、達成できたのかできなかったのか。なぜなのか。

 

やっていくしかないですね。

結果は来週。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする