2019年5月2週目 目線

相場が動くんだか動かないんだかわからなかったのと、引っ越しでドタバタしていたので先週は目線更新無しでした。

なのでいきなり2週目の目線です。

ドル円

現状はかなり下目線です。

オレンジのサポートを上振りつけてしっかり崩していったピンクの下落。

それを一気に巻き返した FOMC での V 字によって、かなり上目線に引っ張られました。

押し目入って高値更新した後はうろちょろしていましたが、雇用統計でイッテコイの動きになり下落。

オレンジラインの111.46はなかなり節目になっているので、一発そこからショートは入れるかと思います。

ただ戻し方次第ですが、この形から戻ったら安値更新はキツそうですね。

ポンド円

レンジの中で、オレンジのネックを抜けたピンクの最初の下落が続こうとするも失敗した右のピンク上昇。

それに対する押し目が入って高値更新してますよという状況。

この上昇がどこまで続くんですかと見つつ、押し目買いを狙っていく感じ。

147円守り隊が手ごわいので、一旦そこで頭打たれて押し目つけてさあいけるか?みたいな動きが一番自然そう。

ユーロ円

長期はレンジ。

ただし直近の動きは A 字に対する戻り売りが入ってやや下目線。

124.8 を節目に動いているので、いったん売り帯が引けている。

ここからの反応ショートは期待できるが、長期が怪しいのであくまで反応だけ。

ユーロドル

正直謎の状況なので手だしをしたくない。

あえてやるなら、雇用統計の下振りが効いてるのでロングかな?程度。

ポンドドル

ポンドの上昇とドルの下落が相まって上に吹っ飛んでる状況。

基本的にポンド円と目線は一緒ですね。

どこまで上昇するのか、落ちてきたらどこからロングするのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする