武器を増やす

FXにおいて稼ぎを増やそうと思ったときに、どうやって増やすのかは永遠の課題。

打数を増やすのか?利益を伸ばすのか?枚数を上げるのか?

何が無理なく稼ぎを増やせるのかを考えてみようのコーナー。

現状

一言でまとめるといわゆるトレンドフォロー系。

転換失敗を見つけて損切に乗じて高安までをとりにいく手法。

例えば昔のポン円、売りに転換しようとするも失敗したので節目から買いましたというお手本の様なロング。

一つの手法しかないが、きちんと守って作業的にやっていれば月間プラスにはなる。

ただし打数は少ないので利益もそれなり。

増やし方案

打数を増やす

いきなりこれだけを掲げると失敗する典型例。

今の手法が安定していてとれるところをとっているのに、手法をそのままに打数を増やそうとすると余計なことしかしないでむしろ減らす結果になる。

利益を伸ばす

高安までじゃなくてもっと伸ばそうというやつですね。

これはつまり手法を変えるということに等しい。

今安定しているものを壊す勇気、ポジション保持時間が長くなることによるメンタル負荷。

これだけのことを背負った上で実施しなければいけないので、かなりの確信がないとキツイ。

そして今はその確信が無いので無理。

枚数を増やす

これはこれでアリ。

メンタルに無理のない範囲で。

いつかは通らないといけない道。

武器を増やす

ここが今日の本題。

一つの手法でとれる場面には限界があるので、ならば手法を増やしてしまえば結果として打数が増え利益も増えるんではないかということ。

ただし増やす手法は当然期待値がプラスのものでなくてはいけない。

今のところ考えているのが、反応取りを手法化するということ。

「高安更新までいくかは怪しいけど、少なくともここから行こうとする動きは出るだろう」みたいな場面って多々ありますよね。

例えば直近のポン円の場面。

長期的な下落を続けてきて、ほぼ目標を達成した後の場面。

目標達成から一旦 V 字していますが、そこからのちょびっと上振って下落。

逆三尊レートでサポられることもなくよくわからないところまで落ちて戻ってきた後のネックライン。

赤矢印からショートを打つかどうかという議論。

少なくとも今までは打っておらず、なんなら短期上昇に転じているので目線不明で放置していたところ。

実際このネックと短期サポの間で揉んで終わっていますが、逆に言えばどっちで入っても利益になったということ。

で、今回試したいのはこのネックラインからショートを打って適当なところまでとるようなトレード。

ロスカットは高値におけばいいので簡単ですが、利確をどこにするのかが問題。

短期ロングサポまで持つのが一番わかりやすいのでとりあえずそうしてみようかとは思っています。

ちなみにロングの方は入りたくないと思っていて、長期が売りすぎるのでここから入るのは厳しい。

この反応下落を崩してしっかり上向けばロングもアリですが、まだワンテンポ早いかなと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする