謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2018 年の 8 月にブログを開始してはじめての年越しですね。

いつもの週末予想より少し大きめの相場観と、今年の目標を書こうかと思います。

相場観

ドル円

大きな月足。

V 字して、逆三尊レートから 3 波が継続して高値更新しに行くか?といった揉み合いゾーン。

従ってレンジではあるもののもっと大きな目線は上かなといったところ。

週足での大きな目線。

2017 年からずっと起点となっているピンクの上昇。

この上昇を継続させる 3 波がどこから入るのか入らないのか。

上と下、双方の目線が入り乱れた赤ゾーンでひたすら揉み合い。

このゾーンの終盤、下振って上いくかと思いきや下抜け。

しかし最後のサポートラインでサポられて黄色の V 字が出現。

この黄色はかなり重要な上昇っぽく、崩されてはいけない上昇かなといった印象。

そして 2018 年最後はもう一度押しをつけにいく下落が出始めて終わり。

青線は今後の予想部分です。

逆三尊レートでサポられて高値更新しに行く、というのが一番綺麗な形。

というか月足を小さくしただけですね。

なので、2019 年まずはショートでついていき、その後ロングでとっていく展開になりそう。

ポンド円

まずはデカイ月足から。

単純にピンクの下落が続いていくのかな、といった状況。

一度 3 波を成功させていますが、その後しっかり青帯で売りを継続させるような動きが出始めています。

日足レベルで見ると、一度下落を崩すような V 字が出現し、3 波をしっかり入りました。

が、それをすっこ抜く下落が出て 2018 年はおしまいでした。

週足や月足レベルで見ると、かなり下に走っても良いような位置につけていますね。

そんな中でニューヨーク時間的な年越しの直前を見てみるとこんな感じ。

えげつない下落が出て終わってます。

めちゃくちゃ売れるように見えるんですが相場動きだしてどうなるんでしょうね。

長期的なリバもあるのでずっとショート攻めみたいなことはしづらいですが、さすがにまだ一回安値試しそうに見える形。

ユーロ円

月足レベルでの長期は特に方向感なくレンジ、といった感じ。

上下でそれぞれレジサポ当たってどっち行こうかなぁとどんどんちっちゃくなっていっているところ。

レジられてずるずる落ちてきていた中で、ピンクの上昇で一旦の下落を否定。

その後ピンクに対する押し目が入るのかどうなのかといった動きだったのが 2018 年でした。

綺麗なダブルボトムを作って押し目入りはじめたかなと思いきや、2018 年後半はすべて否定する下落となりました。

黄色は最後の頑張りの上昇でしたが、健闘空しくただの戻り目となって終わり。

こうなると買いに転じるにしても一度下振りは必要になりそうなので、2019 年初頭はショート目線で攻めていって良さそう。

まあ要するにドル円・ポンド円と同じく円を買っておけば良いってことですね。

ユーロドル

イマイチ方向感の無い長期。

押し目をつけているところとも言えるし、A 字した後とも言えるし微妙なところ。

短期的にも方向感なく終わっているので、まずはどちらかに動くまで待ちですね。

ポンドドル

散々書いていたように、結局揉み合いは上に抜けていきました。

ここに対する押し目が入って高値を更新していくのが綺麗ですが、やはりポンド円同様最後はドギツイ下落で終わっているので少し注意したいところ。

どちらにせよ、この 1.27 あたりのラインは節目なので色々ありそうですね。

今年の目標

ズバリ、7 桁利益を目指す。

おそらく、目標としていいラインなんじゃないかとは思います。

本当はもっと欲張りたいんですが、相場で欲張っても良いことはないので現実的なラインを目標に据えます。

それでは今年もよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする