2018年11月13日 ドル円の目線とトレード記録

毎回毎回全部の通貨を書いてると疲れるので、今日はよく動いてたドル円だけ書いてみます。

今週の動き

日曜日の予想では下の青帯が押し目候補と書いていた。

が、浅い方の押し目から結局行ったのが月曜日。

この上昇が、高値を更新したの大きなポイント。

月曜日の日中はずっと3の3での押し目買いを狙っていましたが、高値を更新してしまってこのツイート。

そもそもがロスカットを巻き込んだ上昇を狙っての押し目買いですが、長期高値まで更新していってしまうということは、既にロスカットを巻き込んだ動きが出てしまったので戻してきてもロングは期待できない、という意を込めたツイートでした。

結局 A 字したわけですが、これによりむしろ売り帯が引ける状態となりました。

いわゆる三尊レートというやつ。

そんな中でのトレード記録です。

トレード記録

1発目

まずは1発目のロング。

あれだけ言いながら、なんだかんだ入ってます^p^

ゆーて一気に A 字はないっしょwwwとかいう微妙なエントリー。

結局自信はないので、反応が入ったところで逆指値を建値にズラして結局プラマイ。

正直これはいらなかったのでは?というのはあります。

2発目

1発目のロングがやはりダメで A 字されたのをうけ、一番浅い戻り目候補からの売り。

反応取りで1:1で利確。

これは特に言うことはないですが、強いて言えば短期的な戻り方が逆三尊っぽくなってるなぁというぐらい。

ただしこれまで書いたようにシナリオがしっかり買いを否定したので売っていっていいと思います。

3発目

そして逆三尊レートから反応取りショート。

やはり長期の売りがまったく死んでおらず、むしろ本命の逆三尊レート。

かなりの確率で勝てるショートになることを見越した上で、短期に落とし込む前に反応取りもいけるだろうという読み。

結果としては短期に押し込めず落ちていっていますが、ここでとれたのでよし。

今後の目線

この幅でレンジ、というのがありそう。

そうなると抜けるのに時間を要するので他の通貨にうつるかもしれません。

ただしボラを増やしつついくようなレンジで下の青帯までいくようだともしかするとロングができるかも?ぐらい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする