【FX】2018年10月8日 目線

三連休最終日。ここ最近は三連休がデフォみたいになってたので、ここから5週間三連休が無いと思うとつらいですね。どこかで適当に有給でもとりたいところ。

さて今日は祝日なので、ここまでノートレです。とは言えしっかり動いた日でもあるので目線更新です。

ドル円

三尊うって下目線、と書きましたがしっかり落ちました。

特にサポートにタッチしたわけでもなく、目線は変わらずショートです。

レートとしては色々考えられますが、わかりやすいのはネックラインの 113.63 辺り。

短期的な形を見ると、一度 113.63 から安値をちょびっと更新してからのやっぱ無理、という上昇が出た後での下落。

要するに上振りの形になっているので、この形は積極的に売っていってもいいのかなと思っています。

ポンド円

こちらも下落となりました。リスクオフの円買い?かなんかなのでクロス円はみんな下落ですね。

長期目線は上と書いていた中での裏切る下落です。

金曜日の夜にロングを決めたライン、すなわちレンジ上限は一度使われていたレートなので今日はノータッチと決めていました。

そんな中でレンジ上限であったレートから少し反応を見せてから下落しているため、戻したときには戻り売りが入りそうです。いわゆる三尊ですね。

さらに長期的に見ると、今日の下落で特になんのレートを割ったわけでもなくレンジ内での動きです。

したがって、長期目線の上というのも崩れておらず、やはり 150.67 まではロング中心に考えていきたいところ。

ただし短期的には下目線であることに変わりはないので、三尊レートから戻り売りが入るようであればいったんショート。その売りがしっかり崩されればロング目線、というのが今後の展望となります。

ユーロ円

長期的には 129.81 までつけに行っても不思議ではないので注意したいところ。

この動きが出た一日。

まだしっかり 129.81 につけたわけではないですが、強い下落が出ています。

長期目線的にはサポートタッチから今日の下落に対する戻り売りをしばいていくところをロングで攻めていく、という方針。

ただし浅い押し目であった 130.8 からは比較的強めの戻り売りが入ることが予想できるのでそこでの動きには注意が必要。

ユーロドル

これも下落続きの一日でした。

つまりユーロ売り円買いみたいな関係だったんですかね。シランケド。

さて、1.1535 を節目としていて上抜けそうとか適当なことを書きましたが、やはり長期サポート候補である 1.144 まではつけにいきそうです。

ただそのサポートも押し目になるほど強烈かと言われるとそうも思えず、正直ここから先はわかりにくい。クロス円やってたほうがいいんじゃないですかね?と思えてしまう。

ポンドドル

長期的な押し目タッチでグビッと出た上昇が押しをつけにいく下落が出た日。

1つの押し目候補としては V 字の起点となったネックライン。

ここから短期的な下落を崩していくようであればロングで攻めたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする