【FX】2018年10月1週目 目線・予想

いつもなら土曜日は脱サラシリーズを書いて日曜日に来週予想をしていますが、明日は予定があるので土曜日のうちに来週予想を済ませておこうかと思います。

FOMC も終わって落ち着いたかと思いきや、ADP や ISM、雇用統計が控えている来週。

いったいどうなることやら。

ドル円

長期的には押しをつけることなくひたすら上昇中。

さすがに 114 円にいったら一度押しをつける動きが出るんじゃないかとは思うが、特に根拠は無し。

仮に落ちてきた場合、112.9 というのがまず 1 つの押し目候補であることに注目。

下振ってバイーンの起点になったレート。

逆に言うと、ここをしっかり A 字するまでは長期目線は上と見ておきたい。

長期レジは正直謎なので、そこは値頃感で。

ポンド円

長期的な上昇の中、145 円まで押しをつけにいくのかまだ上がるのか?という揉み合いで終わった今週。

特に金曜の最後は、いったん安値更新が入ったにも関わらず V 字するのかどうかといった動きを出して終わっている。

方向感が出るまでは手を出さない方が良さげ。


ユーロ円

長期目線は上の中、押し目をつける下落が出始めたのが今週の動き。

長期的な押し目候補として目立つのは 130.88 、129.81 の 2 箇所。

そして金曜日の最後、押し目付近のゾーンに触れてから短期的に V 字をするのかどうかといった動きが出て終了。

短期的には 132.09 が最後のレジなので、そこでの攻防に注目したいところ。

ユーロドル

長期的に綺麗な形で上昇に転じていて、1.18 をつけて走っていくかと思いきや一気に下落に転じて終わっている。

上振りの起点となった 1.1723 は重要な節目。

下落一辺倒の中、サポ候補としては 1.153 、1.144 あたりか。

逆にそれまでは短期的にショートできそうなら入っていく方針。

ポンドドル

長期的には戻り売りが綺麗に決まった後、走るのか揉むのかといったところ。

もう一段回下を攻めても良さそうなのでとりあえずは下目線。だが、そんなに積極的に入っていく場面でもない。

総括すると、来週のポイントとしてはやはりドル買いにどこまでついていくかという点。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする