【FX】2018年9月17日 トレード記録

特に外に出る用事も無かったので、この三連休でプリズンブレイク シーズン2を見終わりました。

え?マジ?てか最後転がってたのベリック?みたいな感想。

Amazon Prime Video はいいぞ。

次何見よう。

FX?あぁ、あいつね、今日はボロボロでボロネーゼ。


ドル円

節目超えてったから行くんちゃうん?っつってロングしてたら、多少押し目っぽいのは入ったけどそのまま A 字して負け。

その後下振って V 字して、ちょっと高値更新したけどやっぱりまたレンジ内に戻ってきてみたいな動き。

ポンド円

長期目線としては上だけど、中期的に押し目をつけにいいく動きを想定しつつ。

短期的に押し目失敗についていこうとしてあっけなく V 字。

結局そのまま上がっていってるところ。

ユーロ円

ドル円と同じぐらいの時間に、こちらも節目を超えていく動きが出たのでロング。

長期目線も上で、週予想でも書いた通り 130.245 は長期押し目候補。

が、ドル円と同じく負け。

ユーロドル

ぶち上っていった一日。

明確な戻り目は入らなったものの、短期的に何も起こっていないので何もしていない。

今は 1.1685 という深い戻り目レートにさしかかっているが、ここは少なくとも反応は入るだろうと思っているレート。

と言っても長期的に下目線ですとは言えない形なので、安易に売らないほうが良さげ。

ポンドル

全然見てなかったけど上がっていった。

入りたい形もないのでしばらくはスルー。

月曜日昼間っていうのは、そもそも日本以外の市場がまだ週明けしてないので動きが鈍い。

その上に祝日で日本市場が休場ともなれば、トレードしてる機関投資家がいないってことになるんやね。

で、いつもやってるトレードは機関投資家みたいな大口が強引に動かしてくれたおかげで負け組が発生し、そこにハイエナの如く群がってるだけ、と考えると祝日月曜なんてトレードしないほうがいいのかもしれんね。

まぁ機関投資家云々は適当に今考えてみただけで、経験則的に月曜日、特に祝日の戦績が良くないような気もするから。

考えられる他の原因としては、一日中チャートを見れる環境にいてしまうこと = 1 分足レベルでずーっと見てること、かもしれないけど。

仕事中はだいたい5分足15分足な上にスマホだからね。

1分足苦手なのかもね。

今後チャートに張り付いて見れるような日は以下を徹底しようと思います。

・チャート確認は1時間に1回

・1分足から見ない = 15分足以上から必ず見ていく

ちょうど来週も月曜日が祝日なので、ちょうどいい試験機会。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする