【FX】2018年9月2週目 予想

なんと明日からの5日間を乗り切ると!3連休が!!しかも!!!2週続けて!!!!

5日働いて2日休むってバランス悪いじゃん?

その点、4日働いて3日休むってなんだかバランスとれてると思いません?

「本当は半々にしたいけど7日は2で割り切れないからなぁ~。しょうがないから余り1日は基本働くことにしてやるよ!たまには有給使うけどな!」みたいな?

うん。これぞ人としてあるべき姿。

ま、相場は5日動いてくれたほうが助かるからなんとも言えないけどね。

というわけで来週の予想です。


ドル円

長期はダブルトップ、というよりレンジやら下振りのほうが想定できるような形。

111.16円を節目として動いており、金曜日の夜中にそこから戻り売りが入った。

その後安値更新はできずに戻しているがどうなるのか、というところ。

これが安値更新できずにV字した場合、111.16円を節目にロング目線。

安値更新する場合、110.72円を節目にショート目線。

というわけでいずれかの動きが出たらその方向についていくという感じ。

ポンド円

まだまだ戻り売りの目線は崩れていない長期目線。

水曜日の大きな上昇に対する押し目を失敗させる下落。

その下落を一気にV字する上昇が出て、押し目から高値更新となる3波が入るもダブルトップとなり下落。

従って直近の目線も売りで戻り目候補は143.72円。

ただしサポっている143.2円というラインも節目ではあるのでそこには注意したい。

ユーロ円

逆三尊レートから上がっていくのか?という動きを見せたがA字しているところ。

短期的には戻り売り3波が成功したところ、という状況なので手は出しにくい。

長期的にはサポも無く、落ちるなら走るような気もする。

逆に今のレートからV字するなら強い買いになる。

要するにこれも待ちで次にどっちの動きが出るかというところ。

ユーロドル

こちらも逆三尊レートから行くかと思いきや叩かれてA字しているところ。

ユーロ円と同じような長期の動きでユーロ主体で動いてることがわかります。

ここからはただの勘ですが、このままずるずる落ちていくような気もあまりせず面倒な動きがありそう。

1.153を割っていく動きがあればとりたいところ。

ポンドドル

金曜日の夜とったショートの部分である程度の目線については書きましたが、その後の大荒れを経て結局下がっていっているところ。

というわけで目線はまだまだ下でいいかと。

長期的にはレンジ、という感じもするし明確な方向感は無し。

というわけで、方向感を出している通貨が少なく一段落して週が終わっている感じですね。

来週も適当にやって適当に稼いでいきましょう。

では。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする