【第一回】脱サラを理論武装してみる

ずっと FX の記事ばかり書いていたので、そろそろ本題でもある脱サラ関連の記事を書いていきたいと思います。

まず第一に書くのは、「なぜ脱サラを目指すのか」シリーズにします。

シリーズ化して、毎週土曜日に更新するのを目標にします。

目標はあくまで目標なんだけど。

なぜ脱サラを目指すのか

芯がしっかりしていないと長期目標というのはブレがちなので固めていきましょう。

さて、なぜ脱サラを目指すのでしょう? 同じように脱サラを目指している方はなぜ目指していますか?

働きたくないから!!

うん。それはそうで間違ってないんだけど。

目標を達成できていざ脱サラ!となって会社・家族・友人に報告する時。必ず聞かれると思います。

「なんで辞めるの?」

これに対して働きたくないからと答えても、おそらく「甘えだ」というようなことを言われるでしょう。

甘えだ、という考えもどうかとは思いますが一旦それは置いておいて…

確かにこれだけしか答えられないのは甘えだと思います。働きたくないのが甘えなのではなく、脱サラという人生の転機を迎えるに当たって、その理由や信念を語れないのが甘えだと思います。

とは言え、正直なところ働きたくないというのが本音なところであり、だからこそ FX などで不労所得というやつを目指してるわけなんですけどね。

なのでまずは、この理由や信念という部分を予め言語化して考えておくことで、この脱サラという夢を自信を持って他人に語れるようにしておこうというわけです。


価値観

いろいろ語るに先立って、まずは私の物ごとに対する価値観というものを説明しておきます。

何を一番大事に考えるか、何を中心に考えるか。それはズバリ

です。

この世はだいたいお金があればどうにかなるんです。資本主義です。

金が無ければ生きていけないし、金が有れば贅沢ができる。わかりやすいですね。

人生とは投資である

別に何かの名言ではないです。今考えました。

金が大事、ということを先ほど書きました。ということは生きていくためには金を手に入れていく必要があるわけです。

しかし何の対価もなく金を得られるほど世の中が甘くできていないのもまた事実です。

対価として金を得るためには、何かを投資しなければいけないのです。

例えば仕事、これは週5日40時間という時間を投資して対価に金を得ているわけですね。

更に言えば、投資で得るものは金だけではないです。

例えば外食をするということは、金を投資して食事を対価として得ているわけです。

今回のまとめ

・価値観として金を重要だと考えていること

・人生は投資であること

を書きました。

今回は脱サラの理由固めに入る前の導入部分です。

次回以降は、この価値観を元になぜ脱サラに結びつくのかを書いていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする