【FX】2018年9月3日 トレード記録

今日はちょろちょろぱっぱと+10pipsって感じで、綺麗なトレードはまったくないのであんまり書くことないです。

週予想をふまえて追っていこうと思うので、まだ読んでいない方はぜひ読んでみてください。

9月1週目の各通貨ペアの動きの予想です。ドル円、ポンド円、ユーロ円、ユーロドル、ポンドドルです。 予想が外れても一切の責任は負いかねますのでご了承ください。

ドル円

111.15円から一度中期的な押しをつけにいき、予想通り111.35円を目指すのか?というところ。

なのでその付近まで引き付けて上昇を崩したらショート、というのが明日以降の目線になりそう。

ポンド円

今日の主役はポン円(適当)

ピンクの上昇を警戒しつつショート狙いと週予想で書いたが、窓が開いたら既に死んでました。

なので適当に短期に落とし込んでちょこちょこショートしていくのが今日の目線。

画像中央の赤矢印を背負ってショート打とうと思ったんですが、.51に置いていたら0.7pips差で入れませんでした。

PCのチャートから見れば明らかでしたが、143.47が重要レートなのでそこから打つべきでしたね… やはりスマホMT5だとこういう損失が生まれる。

そして短期的にまだ落ちそうだったので、画像右の方の矢印からショートうちました。

どのくらいとれたかは恥ずかしいからヒミツ☆

もう一度143.47から下落が狙えるんじゃないかなと思っているので、引き続き下目線です。

ただバチンと入れて全部背負うと70pipsくらいあった気がするんで、短期に落とし込むか枚数減らしてという方針ですね。

ユロ円

これから上向くのかどうか、というところで何とも言えないですね。

明日以降どうなるか。



ユロル

短期的な形を見ると1.1625あたりからの戻り売りができそう

できましたね。

とは言え安値更新もまだしておらず、どっちつかずの状態。

動きが出たら考えればいいような形。

ポンドル

ポン円と同じように、1.29022からちょびっとリアクションがあったもののそのままA字。

かなり深いため入るかどうかは難しいのと、リアクションが入っても高値更新が狙えるかというとかなり怪しいところ。

まさに週予想で書いたこれ。

逆にここからはポン円と同じく、1.29022からのショートが狙える形に。

まとめると、ドルとポンドが下目線でユーロは待ち。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする